ブラックジャックのルール

ブラックジャックのルール. ゲーム勝つために必須のブラックジャックのルールがあるのをご存知でしょうか?また、規則を破ることでディーラーに平手打ちを食らわされる程の必ず従うべき決まり事であったり、テーブルエチケットなんてものが存在するのをご存知でしたか?通常はほとんどの人が、ブラックジャックのテーブルにおいて一番重要なことは、バーストしない範囲で2枚、もしくはそれ以上のカードを組み合わせて21を作ることであると考えているかと思います。しかしながら、実はそれ以上に従うべきブラックジャックのルールというものがたくさん存在します。このページでは、最も重要な従うべき規則を以下にまとめています。このページを読めば、ブラックジャックのテーブルですべきことと、すべきでないことを理解することが出来ます。同時にブラックジャック理論についても触れているので、最新のブラックジャックのルールについても振り返ることが出来ますよ!

   
Casinofriday$500入金ボーナス
カジフラが遂に 日本に上陸!
日本語サポート神対応!特典も最高
今すぐ無料プレイ
カジノ詳細
Wheelz Casino100% ボーナス 最高¥30,000
100 フリースピン
信頼のマルタライセンス
今すぐ無料プレイ
カジノ詳細
Caxino100% ボーナス 2万円まで
フリースピン100 回
1分登録
今すぐ無料プレイ
カジノ詳細
Wildz初回入金 ボーナス ¥50000まで
インスタント入金
ライセンスおよび規制
今すぐ無料プレイ
カジノ詳細
Casino.me3回もらえる入金ボーナス
合計100回のフリースピン
スピード出金
今すぐ無料プレイ
カジノ詳細
No Limit Casino初回入金で最大1,500
200回 フリースピン
インスタント入金
今すぐ無料プレイ
カジノ詳細
Spinaway新規プレイヤーさま全員に100,000円
1000以上の素晴らしいゲームをプレイ
無料アカウントを開設してお受けとりください!
今すぐ無料プレイ
カジノ詳細
Royal Panda【100%タケノコ特典】最大10万円獲得できる!
ライセンスおよび規制
スピード出金
今すぐ無料プレイ
カジノ詳細

記憶を振り返る

blackjack.meを訪れているということは、オンラインカジノでプレイする予定がある方や、家で友達とブラックジャックをプレイする予定がある方なのかもしれません。この段落では、ブラックジャックのルールについて軽く振り返っていきます。また、ここで言う「ルール」とは、ゲームのプレイ方法を説明するのではなく、主にブラックジャックの規則や決まり事に焦点を当てているので、もし、ゲームの流れやプレイ方法をもっと知りたいという方は「ブラックジャックの遊び方」のページを参考にしてください。

カードの価値

ブラックジャックは、2枚のカードでのみ作られます。今夜は勝利のお祝いをしたい!豪華にお祝いしたい!と勝利を収めるには、エースと絵柄のついたカード、もしくは10のカードが必要になります。もちろん2枚以上のカードを使って21の組み合わせを作ることもできますがこれはブラックジャックとは呼ばれず、どのブラックジャックの規則に関する本や、解説本でも同じことが書かれている基本になります。

従うべきブラックジャックのルールを教えてくれるブラックジャックのテーブル

既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、ブラックジャックでは、テーブル上には多くの情報が含まれています。例えばですが、ディーラーが、ヒット、もしくはスタンドするべきタイミングや、インシュランスすることでどれだけの報酬がもらえるか、そしてもちろんブラックジャックだった場合いくら勝てるのかなどの重要な情報で溢れています。通常オンラインカジノブラックジャックのテーブルでは、3:2の割合で支払われることが多いです。つまりこの場合、ベット額$200で、A−Jをヒットした場合の賞金は$300となります。しかし、中には2:1の割合のテーブルというのも存在します。この場合ベット額が$100で勝った場合の賞金は、$200ということになります。つまりペイアウト(還元率)が、2:1の方がプレイヤーにはずっと有利ということなのです。ただし、ここまで好条件なテーブルを提供しているカジノをオンラインで見つけるのは容易ではありません。同様にペイアウト率が6:5、または7:5のテーブルを見つけるのも困難と言われています。多くの専門家によるとブラックジャックにおいて最も重要な基本は、プレイヤーにとって不利なペイアウト率を提供するテーブルでは決してプレイするべきではないと解説しています。

ブラック ジャック カードの価値

ブラック ジャック カードの価値

知っておくべき暗黙のブラックジャック ルール

ここで紹介する暗黙のルールの中に、ランドカジノでよく見られる規則で「ノーアクション(アクション無し)ハンド」というものがあります。まずは、ノーアクションハンドとは何かについて解説します。ノーアクションハンドとは、あなたが21のカードを保持している状況で、ディーラーがエースもしくは10のカードの値を示した時に登場します。通常ハウス側とプレイヤーの両方が21をヒットした場合、ディーラーがブラックジャックを公開した後に、プレイヤーに対してベット額が戻されます。これはインシュランスのベットがない場合でも同様、ベット額が戻されます。しかしながら、カジノによってはハウス側を勝者とみなす場合もあるので、最初のベットをする前に確認することをおすすめします。

もう一点ここで知っておくべき重要なポイントとして、全てのカジノでエースをスプリットすることが許されていないので、これも最初のベットを置く前に確認する必要があります。

サレンダーに関するブラックジャックのルールにはどんなものがあるの?

ここで紹介する規則もまたカジノごとに異なるブラックジャックのルールの一つになります。また、オンラインカジノでプレイする場合は、ブラックジャックのバリエーションによって異なってきます。例えばゲームによっては、ディーラーがエースやフェイスカードなどの強い手札を示した時に、早めのサレンダー(降参)もしくは遅い段階でのサレンダーをすることが許されていることがあります。サレンダーが許されているテーブルというのは、ディーラーが最初のベットを行った直後や、カードをチェックした後、もしくはディーラーがカードを示す前にベットに置いた1/2の金額を失うことを意味しますが、これにより同時に1/2の金額は確実に返ってくることも意味します。これにより、将来的に損失額を減らすことができるので、まずはディーラーに早期のサレンダーまたは後半の段階でのサレンダーが許されているテーブルなのかを確認することを忘れないようにしましょう。

スプリットとリスプリットに関するブラックジャックのルール

皆さんは今頃ご存知かと思いますが、エースのカードをスプリットする行為は全てのカジノでは許されていません。例えスプリットできたとしても、ヒットは1回しかできないことが多いです。ブラックジャック戦略ではエースをスプリットすることを推奨していますが、プレイヤーに有利でない可能性もあるので、先にディーラーに確認する必要があります。これは、リスプリットに関するブラックジャックの規則、もしくは理論にも同じことが言えます。実際のところ、禁止しているカジノもあれば、スプリットした後にダブルダウンすることを許可しているところもあります。例えばですが、8つ以上のペアをスプリットするために追加のベットをする時などは、必ずカジノ側にリスプリットに対してどのような規則を規定しているのかを確認してください。

Insurance インシュランス
Double Down ダブルダウン
Surrender サレンダー
Split スプリット

このルールを破ればディーラーに平手打ちをくらう可能性もある?!

さすがに一生損傷を負ったり、一生覚えるほどのひどい仕打ちを受けることはないかもしれませんが、以下で紹介しているブラックジャックの規則を破ると軽く手を叩かれることはあるかもしれません。

言うまでも無くこれから紹介する内容は、ランドカジノにのみ適用されます。オンラインカジノでのアクションはもっと簡潔的なので、これらのブラックジャックの規則を破る可能性というものはもちろん無く、ディーラーから殺気を帯びた視線を受けることはありませんが、オンラインカジノでプレイする上で気をつけておくべき注意事項も併せて紹介しているので、是非参考にしてください。

Hit ヒット
Stand スタンド
Split スプリット
Double Down ダブルダウン
Surrender サレンダー
Insurance インシュランス

ヒット

スタンド

スプリット

ダブルダウン

サレンダー

インシュランス

ブラックジャックのルール?良いテーブルマナー?

ブラックジャックのテーブルに座るからと言って心配する必要はありません。肘を乗せて参戦するのもOKですし、ディーラーに意見を求めたり、中にはこんなことも許されているの?と思うようなことすらあります。では、ブラックジャックのテーブルで許されていることと、許されていないことについてみていきましょう。

ランドカジノのブラックジャックテーブルで絶対にするべきではないこと

  • 1)初めてブラックジャックテーブルに座る時に、慌ててお金を渡さないでください。手札が完成したときにベットを置く様にしてください。これにより会場内のカメラが、あなたがいくらチップと交換しているのかを見ることができます。
  • 2)カードをカウントするべきではありません。(カウンティング)
  • 3)シングルデッキ、もしくはダブルデッキのブラックジャックをプレイしていない限り、カードを触ったり、持たない様にしてください。シングルデッキ、もしくはダブルデッキの場合は、必ず常に片手でカードを持つようにしてください。そして、カードは常にテーブルの上に置いておくのを忘れないようにしましょう。
  • 4)ハンドが進行中の時には、チップに触れないでください。
  • 5) チップの種類もしくは、色順にチップスタック(チップが重なった状態)を保持してください。
  • 6) カードをスプリットする時やダブルダウンする時は、テーブル上にあるチップの上に追加のベットを置くのではなく、最初のベットの横にそっと置くようにしてください。

オンラインカジノブラックジャックのテーブルで絶対にすべきではないこと

  • 1) プレイヤー同士のチャットを楽しむのは自由です。ただし、他のプレイヤーのプレイに対するコメントは禁止されています。
  • 2) オンラインなのでカウンティングが使える!といって試してみたくなるかもしれませんが、この行為はカジノ側に非常に嫌われています。オペレーターから注意される可能性もあります。
  • 3) 感情的になって判断しないように気をつけましょう。正確には従うべきブラックジャックの規則に含まれるとは言えませんが、長期的にみたときに自分が困るだけであり、無責任なプレイに繋がることすらあり得ます。最悪の状況を避けるためにも、アカウント内にある、責任あるギャンブルフィルターを有効にすることをおすすめします。

行動は言葉よりも雄弁。ブラックジャックのルールではないけど推奨しておきたい事項

皆さんはオフラインでプレイしている場合、ヒット、スタンド、スプリット、またはダブルダウンに使われるシンプルなハンドシグナルを学ぶことで間違いなくゲームに勝てるはずです。ハンドシグナルは、正確にはブラックジャックのルールに含まれないかもしれませんが、今後問題が起きるのを避けてくれる可能性はあります。

ハンドシグナルはプレイヤーであるあなたの意図を常に示すことができるので、非常に便利です。例えば、もしあなたがカードが不要な時にディーラーが間違えてヒットしたとしても、ハンドシグナルを使っていれば、現場にいるスタッフやマネージャーが会場内にあるカメラを確認して、振り返り、あなたの意図が何だったのかを確認することができます。オンラインカジノブラックジャックをプレイする際にはこのようなミスは起きませんが、間違えてクリックしてしまう可能性はあります。もしライブカジノのテーブルに座っていてこの様なことが起きてしまった場合は、ディーラーに伝えるのが賢明でしょう。もしくは、RNG(乱数発生機)搭載のブラックジャックでプレイしている時にこの様なことが起きた場合は、サポートに問い合わせると良いでしょう。

ハンドシグナルをおさらいしよう

これから紹介する内容は、ブラックジャックの規則には含まれていない内容ではありますが、もう一度最後にハンドシグナルについて軽くおさらいしておきたいと思います。例えば、追加のカードが欲しい場合のハンドシグナルはどうしますか?この場合、一本以上の指を使ってテーブルを擦ります。スタンドの場合は、カードの上で手を降ります。ダブルダウンの場合は、人差し指と親指の間でチップをつまみます。スプリットしたい時は、ディーラーに対して人差し指と中指を使ってピースサインを作り、数字の「2」を見せることでカードを分裂してもらうことができます。

最後にですが、キングやクイーン、ジャック、または10のペアをスプリットしたくなることがあるかもしれません。しかし、これはブラックジャック戦略上では最適なアクションではないことを留意しておいてください。なので、こういう時にどうすれば良いのかと疑問に思った方は、当サイトで紹介しているブラックジャック戦略のページを読むことをおすすめします。ブラックジャック戦略のページでは、経験豊富なプレイヤーでも楽しめる貴重でためになる情報を解説しています。読んだ後は、ゲームに勝つコツを掴んで満足していただけるはずです!また、ブラックジャック戦略以外にも、ブラックジャックの歴史ボーナスを詳しく理解していると、更にゲームに強くなれるので、併せて読むことをおすすめします!

最後に、当サイトではブラックジャック以外の人気カジノゲームであるルーレットや、スロットバカラビデオポーカーなどが遊べる新しいカジノサイトを紹介しているので、他のカジノゲームに挑戦してみたい方や、興味のある方は是非チェックしてみてください。