ブラックジャックの歴史

ブラックジャックの歴史 – ライブカジノは、過去数年の間にオンラインカジノ界でもかなりの大きな成長と人気を増加させました。更に、製品やプロバイダー毎に分けて深く見ていくと、ある一種類のテーブルゲームが他のカジノゲームよりも人気があることが判明しました。もちろんそれは、絶大な人気を誇るカードゲーム「ブラックジャック」になるのですが、このページでは、そんなブラックジャックの歴史を辿っていき、最も著名な進化論までみていきたいと思います。そして同時に、さまざまな種類のゲームもご紹介していきます。このページを読めば、簡潔でありながらも為になるブラックジャックの過去を振り返ることができます。さて、椅子に座って新しい知識を身につける準備はできましたか?誰もが興味をそそられる様なブラックジャックに関する情報を一緒に発見していきましょう!

   
Casinofriday$500入金ボーナス
カジフラが遂に 日本に上陸!
日本語サポート神対応!特典も最高
今すぐ無料プレイ
カジノ詳細
Wheelz Casino100% ボーナス 最高¥30,000
100 フリースピン
信頼のマルタライセンス
今すぐ無料プレイ
カジノ詳細
Caxino100% ボーナス 2万円まで
フリースピン100 回
1分登録
今すぐ無料プレイ
カジノ詳細
Wildz初回入金 ボーナス ¥50000まで
インスタント入金
ライセンスおよび規制
今すぐ無料プレイ
カジノ詳細
Casino.me3回もらえる入金ボーナス
合計100回のフリースピン
スピード出金
今すぐ無料プレイ
カジノ詳細
No Limit Casino初回入金で最大1,500
200回 フリースピン
インスタント入金
今すぐ無料プレイ
カジノ詳細
Spinaway新規プレイヤーさま全員に100,000円
1000以上の素晴らしいゲームをプレイ
無料アカウントを開設してお受けとりください!
今すぐ無料プレイ
カジノ詳細
Royal Panda【100%タケノコ特典】最大10万円獲得できる!
ライセンスおよび規制
スピード出金
今すぐ無料プレイ
カジノ詳細

重要なブラックジャック歴史の節目と日時

ブラックジャックの起源には多くの憶測があり、日付や、年数、発祥国だけでも様々な情報で溢れています。なのでこのページでは、最も人気のある理論とそこで定義されているブラックジャックの歴史をいくつか解説していくので、必要な概要を把握して頂けるはずです。

最初の言及

1611年のスペイン語辞書の言及によると、「Carta(カード)」という単語の概要に「Ventiuno(21)」と言うゲームが記載されています。ですがブラックジャックに関する文書を遡ると、もっと前にも証拠があることが分かっています。それは、スペインの著者であるMiguel de Cervantes(ミゲル・デ・セルバンテス)から来ていると言われています。名前を聞いたことがある方もいるかもしれませんが、彼はあの有名な「Don Quixote(ドン・キホーテ)」の著者です。彼は、1601年〜1602年の間に12個の短編小説シリーズを残しているのですが、その中に「Ventiuno(21)」で浮気をしているカップルという表現が含まれていることから、起源はそこなのではないかと言われています。

その直後

以前はギャンブルに対する不当でマイナスな印象があったものが、フランス人と彼らによって創り上げられたエリート社会によって、高級感のあるものに変わったというのは有名な話です。ブラックジャックと言う名前は当初「Vingt-Un(ヴィント・アン)」と名付けられていましたがその後「Vingt-et-Un (twenty-one):ヴァンテ・アン(21)」に進化し、ルイ15世などの当時の支配者によって楽しまれていました。しかし、ある書物によると、ナポレオン・ボナパルのお気に入りの遊びであったとも言われています。それでも書物上に記録が残っている1817年まではフランスの歴史には存在していなかったことを意味します。

アメリカ人によって作り上げられた説

アメリカ内では、ブラックジャックの起源と歴史に関する意見が分かれていますが、実際のところ大体3つの主要な理論があります。それらを時系列で見ていくと、1800年代初頭まで遡るものもあれば、第一次世界大戦中(1914年〜1918年)という説もあります。一部のブラックジャックの歴史に詳しい学者によると、一番最初の本当の証拠は1930年代の大恐慌の時代から来ているとも提唱しています。もう一点興味深いのが、ブラックジャックと言う言葉がアメリカから来ている可能性があるということです。もちろん。ブラックジャックに関する記録は100%確定されたものではないのを覚えていおいて欲しいのですが、本質的にアメリカのギャンブル業界は昔から「ボーナス」を使って新規顧客を招待するのが得意でした。そして同時に、ブラックジャックは、還元率をつり上げた仕組みがあることで人気のゲームでした。このように現代にまで持続させるような、ボーナスとゲームの組み合わせを思いついたアメリカには、ブラックジャックの歴史と深いつながりがありそうです。新たなプラットフォーム

新たなプラットフォーム

ブラックジャックの過去を振り返ると、これまでに、ランドカジノを利用する参加者や人気度に関する記録というのは次々と更新されてきました。しかしながら、オンラインカジノの導入により、ブラックジャックは新たな時代の章に入ろうとしています。そうは言っても、アメリカのランドカジノに足を運ぶ多くの人が、ギャンブルが楽しめる娯楽のプラットフォームとしてオンラインカジノを利用することを選択しているのが現実です。また、今日までの間にブラックジャックに関する情報は大幅に増加してきました。そのおかげで、今では、ハウスエッジを下げる為の様々なブラックジャック戦略を見つけることが可能になりました。様々なブラックジャック戦略の詳細は、こちらから読むことができます。

何でブラックジャックは人気なの?

ブラックジャックは、歴史から見ても常に「遊びやすさ」という概念を持たれてきました。いくつかの異なる種類のブラックジャックがあったとしても、基本的な機能や概念は同じなので、難しさ自体は変わりません。つまり、いつヒット、スタンド、スプリットするかを理解していれば、大体のルールは理解できるということです。

ブラックジャックの歴史といくつかの進化段階

もしかしたら、このページを読んでいる方の中に、他のプレイヤーよりもレベルの高いブラックジャックをプレイしたいと考える方もいるかもしれません。同時に、このページを読んでいる皆さんが今後遊んでみたくなるような、興味をそそられる新しいカードゲームを見つけるチャンスを逃すべきではないとも思っています。なのでここでは最もプレイされていて、人気のあるブラックジャックの種類を紹介しています。プログレッシブ

クラシック

クラシックブラックジャックは、トラディショナル(日本語の意味で「伝統的、従来」)とも呼ばれ、ランドカジノもしくはオンラインカジノのどちらも含め、歴史上最も遊ばれていて、最も純粋なものと言われています。ルールはシンプルで、1〜8デッキで遊びます。簡潔にまとめるとすれば、21を超えない範囲で、ディーラーよりも強いカードを手に入れることで勝利をゲットすることができます。

プログレッシブ

プログレッシブブラックジャックは、基本的にはクラシックまたは、従来のブラックジャックのルールと同じ取引で、ディーラーとプレイヤーの両方は、2枚のカード(一枚は表向き、もう一枚は裏向き)を受け取ります。ここで、プログレッシブの特徴である、ハウスによって設定された追加の賭け金とインゲームルールが追加されます。簡単に解説すると、通常プログレッシブは、ジャックポットを設けています。これは、ジャックポットにベットをしておくことで、自分の手元に揃ったエースの数や種類によって通常のベットとは別の配当が貰えることを意味します。(一般的にエースの組み合わせでセットが組まれることが多いです)そしてこれらの流れは、通常のゲーム通り、他のカードが配られる前に行われる必要があります。更に、ディーラーは16でヒットし、17もしくはそれ以上でストップしなければいけないルールになっています。これらの条件からもプログレッシブは、プレイヤーの間でも非常に人気のオプションであり、ブラックジャックの歴史に大きな革命をもたらしました。

ヨーロピアン

ヨーロピアンブラックジャックは、いくつかの細かい違いはありますが、ほぼ基本的にはクラシックと同じになります。例えば、2〜9のカードや、全てのフェイスカード(10ポイントまで)のカードの価値は同じなのでほとんど同じと言えます。更に、このページでも学んだ様に、エースは、11もしくは1ポイントという点も同じになります。唯一違いがあるとすれば、ディールとベットの構造が違うという点です。説明すると、まず最初に、プレイヤーには2枚の裏向きのカードが配られます。この後、ディーラーは裏向きのカードを2枚受け取るのではなく、代わりに表向きの「オープンカード」を1枚だけ受け取ります。これにより、従来のブラックジャックに比べて、プレイヤーが10を引く可能性が上がり、ディーラーの2枚目のカードが10になる可能性が低くなるという違いが出てきます。同時に、これにより、ディーラーが3枚目のカードを引く可能性が上がるので自然とバーストする確率も上がるというわけです。

アトランティックシティ

アトランティックシティブラックジャックは、ブラックジャックプレイヤーの間でも非常に人気のある種類の一つです。他のゲームと同様、似た様なプレイ方法になります。ただし、本場のアトランティックシティは、カジノに適応するように変更が少し加えられています。例えば、ハウスよりプレイヤーに対してメリットがある例を紹介しましょう。オリジナルのバージョンでは、プレイヤーに対して早期のサレンダーを許可しています。これによりプレイヤーがハンドを失いそうな時に、ベット額の半分を取り戻すことを可能にしてくれます。ディーラーは、裏向きのカードの中から、エースと10、もしくはJ、Q、K、の組み合わせのナチュラルやブラックジャックを引くことを目指します。ブラックジャックの後期の歴史では、ハンドを失いそうな時でも「遅い段階のサレンダー」がほとんどのカジノでできる様になりました。これは、アトランティックシティブラックジャックに限らず、現在よくプレイされている種類のブラックジャックにも幅広く適用されています。ブラックジャック?それとも21?

ブラックジャック?それとも21?

ブラックジャックの歴史にある面白い事実に、その起源があります。元々、ブラックジャックの大まかな形態は確かに21と呼ばれるものでした。皆さんもご存知のように、ゲームの内容が進化するにつれて、名前も進化を遂げました。ただしここで注目して欲しいのは、ランドベースのカジノもしくは、新しいオンラインカジノですら未だにオリジナルである起源のバージョンが残っているということです。まず、ランドカジノとオンラインカジノの両方のカジノゲームに言えることですが、最も大きな違いとして、21では「全ディーラーと全プレイヤーを相手に対戦する」ということが挙げられます。これに対して、ブラックジャックでは「(通常)プレイヤーであるあなたとディーラーだけの対戦」になるので、テーブルに同席する他のプレイヤーと対戦することはないということです。これがこの二つのゲームの大きな違いになります。

ブラックジャックの歴史上の偉人・ジョンソン氏

ここでは、世界的に有名な俳優の話をする訳ではありませんが、ライブカジノ界では同様に有名なジョンソン氏についてご紹介したいと思います。ジョンソン氏は、アメリカ・ニュージャージー州にある、アトランティックシティの遊歩道沿いにある自宅を掃除したある日、ブラックジャックの歴史に大きな功績を残しました。2011年にジョンソン氏は6ヶ月もの間成功を納め続け、その結果として、アトランティックシティ内の3ヶ所の銀行に1500万ドル以上を預け入れました。この出来事に対して、ジョンソン氏は運は全く関係のないものであり、基本的に行ったことは、自身が優位にプレイできるようにレートとルールを交渉したと語っています。ドン・ジョンソン氏のブラックジャックに関する詳細はこちらからご覧いただけます。

同じだけど違う

私たちは、全てのブラックジャックは、立法者によって設定された原則なブラックジャックのルールと規制の元で運営されているゲームであることを知っておくべきだと考えています。もちろんカジノによってはルールの内容が異なることがありますが、細かすぎて違いが特定できないこともあります。これまでのところ、新しいオンラインカジノとランドカジノの両方含めて、約100個の異なるブラックジャックのルールのバリエーションがあると報告されています。また、オンラインカジノで遊ぶ際に「特別な」ルールがある場合、ゲームの説明欄やテーブル上に表示されているので、見逃さずに済みます。そして、これらのルールのバリエーションに関する情報は、ブラックジャックの歴史の最新章に追加されること間違いありません。

あなたのブラックジャックの歴史はもう始まっています

これまでにブラックジャックは、常に進化と変化を遂げてきました。熟練のプレイヤーであり続ける為にも、最新もしくは今後のバリエーションの情報に追いついておく必要があります。もしくは、クラシックブラックジャックをプレイする場合においても、成長し続け、スキルを上げていくことでベストな自信を持ち続けることができます。このページのブラックジャックの歴史を読んだことで、新しい種類のブラックジャックをプレイしてみたくなったのではないでしょうか?

当サイトでは、他にもブラックジャックの遊び方や、ルールなどあらゆる情報を事細かく解説しています。

また、ブラックジャックと同じぐらい根強い人気を持つ、ルーレットや、スロットバカラビデオポーカーなどのページもあるので、今後試してみたいと思っている方や、よりオンラインカジノで勝てる方法を知りたい方にもおすすめのページとなっているので、是非参考にしてみてください。